Webクソ

歯に挟まる糞が歯クソ、Webに挟まる糞がWebクソです。

飲ませナイト

f:id:ryo_kato:20181015003359j:plain

どうも、5月が誕生日なのに自分の誕生日みたいになっている加藤です。キャップ誕生祭にお越しいただいた方、ありがとうございました。

イベントの司会・進行が初めてだったので、なかなかうまく行かず、登壇者の方へ飲み物を注文させないという、一番その場で指摘しづらい嫌さをずっとしていました。みんな、よくしゃべってくれてたのにゴメンね…。

もともと肯定することがメインのラジオコンテンツで、さらにお誕生日会という性質も相まって、オモコロには珍しい「誰も人が傷つかないイベントだった」という感想もいただけ、そういわれてみればそうだなと思いました(だいたい誰かが酷い目に合う)。

一応、登壇者の中では一番酷い扱いを受けたみくのしんも「いつものイベントの扱いに比べたら天国です!」と満面の笑みで力強く言っていました。そうか、だいたい罰ゲームばっかりやらされてるしね…。

イベントの感想をSNSで探してみると、そういう雰囲気だったからか「とても笑顔になれた」「周りのクルーもいい人ばかりだった」「テイラー・スウィフトさんも来ててびっくりした」などなど、あまりにポジティブ過ぎて新興宗教のセミナーの感想みたいになっていたのが印象的でした。ただ、すべて事実です。

ちなみに、最初の写真。

 

f:id:ryo_kato:20181015003409j:plain

ちゃんと長島さんも居ます。

40手前のおっさんの誕生日

f:id:ryo_kato:20181012095603j:plain

ぼくがやっているオモコロのラジオ「イうてるマにイっちゃってる」のイベントが本日行われます。同僚の長島さんの38歳のお誕生日パーティー。それを、する。

するか? 誕生日パーティー、しかも40手前、それもイベントとして。しないだろ? というのを本日する。しかも150以上の席が即日売り切れている。追加で席を追加したほどだ。

多分、ぼくたちの性分的に絶対しないような「誕生日イベント」という催しを、あえてするような悪ふざけ的な位置なんだと思うのだが、これがいつか本気になってしまった時、みんな止めてくださいね? 明日来てくださる方、よろしくお願いします。

 

毎週土曜日、仕事もないのにわざわざ会社に来てゲーム配信をしているのだが、今日もイベント前までは時間があるのでしようと思っています。とはいえケツがあるので11時と早めにプレイし始める予定。

ゲームをして、誕生日パーティーに行って、暇があればプラモを作って…と小学生のころのような充実感を今になって得ているので、ぼくの精神的な「大人足る要素」ってもう「酒を飲む」ことしかないんだなと思いました。こんな悲しいこと、あるかよ。

生魚喰、否、乳喰

f:id:ryo_kato:20181011022035j:plain

先日、仕事で北海道へ行ってきました。初北海道だ、初"道(どう)"!! とテンションが上がっていたのですが、そもそも行政区画の「道」とは何か調べてみたところ(ぼくが調べるソースはだいたいWikipediaです)中国から始まった考え方で、以前は日本にも北海道以外に八道あり、東海道や北陸道、山陰道などがそれだったそう。

ただのロード的な道のことだと思っていたけど、北海道と同じ区画の道だったとは知らなかった…。自分の無知無学を恥じるばかりですが、こういうのをサラっといえると山田五郎みたいでカッコいいなとも思いました。

せっかく北海道に来たのだから生魚喰(きぎょじき、新鮮な魚を喰らう者)になろう! といろいろお刺身やお寿司などで舌をぬたぬたにしたのですが、あまり感動はなかった。おそらく、東京の生魚(きぎょ)も相当うまいからだと思う。そういえばここ数年、そこそこお金を出して不味い刺身に当たった記憶がない。

同僚であり道民であるモンゴルナイフに聞くと「いいものはだいたい東京に出しちゃいますからね」とのこと。東京の良さは、地方へ行くたびに染みる。

そんな中、感動したのは乳製品の数々でした。ソフトクリームで三度ほど舌をぬたぬたにし、雌牛の乳で喉も三度ぬたぬたにした。

「東京の牛乳は水で薄めるが、こちらでは薄めず飲む」という話を聞き、濃いものがうまいというわけではないのだと思うが、実際うまいのでべろべろごくごくと乳を摂取しては腹を下す。

あいにく体調が最悪だったぼくは、めまいでフラフラしながらお釈迦になった腰を曲げ、9℃という気温で震えながら乳をぺろぺろ舐めていた。子牛か。

ただ、東京にもクレミアがある。今度食べてみて、本当に北海道へまた行きたくなるのか考えてみたいと思います。

びっくりドンキー飲みがマジで最高なのでみんなにしてほしい

f:id:ryo_kato:20160217153549j:plain

びっくりドンキ―の記事がはてブホットエントリーに入りました! やった~!

ファミレス飲みの提案が多い中、びっくりドンキーがビールに気合を入れてるのにあまりとり上げられていなかったので紹介したんですが、びっくりドンキー飲みはマジで最高なんですよ…。

 

 

記事で削った部分をご紹介

f:id:ryo_kato:20160217153728j:plain

また「フランボワーズレッド」というフランボワーズのフルーツビールもありました。こちらはドイツではなく、フルーツビールの本場ベルギーの伝統的な製法で醸造したそうです。

フランボワーズの甘くてさわやかな香りが強く、ビールと言うよりとにかく薫りまくる炭酸ジュース飲んでるみたいでした。「香(こう)」とだけ言いまくりました。

 

 

f:id:ryo_kato:20160217153739j:plain

また、ノンアルコールの「スタウトフリー」も。味が「何かに似てる…」とARuFaくんと話していたら、「栗」というところに終着しました。これ、栗です。栗の汁。うまい。

 

 

f:id:ryo_kato:20160217153748j:plain

冬季限定のデザート「クリームブリュレのプリンセス☆ベリーパフェ」。季節でデザートが変わるってのもファミレスの最高なところですね…。

 

 

まだまだあるぞ! 謎の内装

f:id:ryo_kato:20160217153800j:plain

あと、通路のところどころに時限爆弾みたいなのがあったんですが、これ何だったんでしょうね…? よく点滅してました。人が通ったかどうかを見てるやつかもです。

 

 

f:id:ryo_kato:20160217153708j:plain

f:id:ryo_kato:20160217153715j:plain

あと、このスタッフオンリーの扉怖すぎません? 廃船かっての。沈没して乗員が屍になっても動き続ける廃船かっての。

と、びっくりドンキーはハンバーグだけでなくビールもデザートもおいしいし、内装も楽しめるのでぜひ足を運んでみてください!

 

 

合わせて読みたい

▼最近感動したグルメは、うどんです。カトキチの冷凍うどんがとんでもなく進化してますよ…!

おもしろ記事を書くためのアイデア・構成・編集まとめ

f:id:ryo_kato:20160216194311j:plain

デイリーポータルZさんとオモコロでやっている「日本おもしろ記事大賞」。ネットのおもしろい人から記事を集めて、表彰しようという企画です。締め切りまで2週間をすぎましたね。ぼくはこの2週間、ずっとFallout3をやっていました。そうです、プレステ4を持っていないからです。少しだけ古い画質で、放射能汚染されたりスーパーミュータントどもを切り刻んだりしていました。最高。

おもしろ記事といってもいきなり書くのってハードルが高いと思うので、アイデアの出し方とか「こういうのはやらない方がいい」とか基礎的な自己編集法とかをこのブログに以前書いていたものをまとめてみました。これがまとめ記事ってやつですね! 過去のエントリーで新しいエントリーができあがる! 手頃!

これから書こうという人や、すでに記事を書いて推敲している人、おもしろ記事を書いては消し書いては消しを続けている「無限おもろ描消徒(びょうしょうと)」と化してしまった人などのお役に立てれば幸いです!

 

 

目次

 

 

アイデア 

いろいろなアイデア思考法はネットでググると出てきますね。会社でのブレストでぼくがよくやっている方法なので、ぜひお試しください!

先日の大ベンチャー展とかもこの方法で出ました。

 

 

注意

バズらせるだけでなく、初見の読者へ記事をスッと受け取ってもらえるようにする方法です。

おもしろい記事を書く人たちが自然とやっていることを言語したものなので、まだあまり記事を書いていない人は、意識して記事を作るだけでかなり企画がよくなるはずですよ。

 

 

GIFアニメを入れるだけで、記事はグッとよくなるんですが、あまりに無駄なGIFアニメを入れるのもデメリットがあるぞ~! コラ~! という、ちょっと中級者向けの内容です。

意外とネットで記事をたくさん書いている人でもやりがちなので、ライバルに差をつけましょう(ネットのおもしろ記事ってライバルっているの?)。

 

 

これもよくあるやつです。自分の知っている人を記事に出して「きっと読んでいる読者も知ってる」と勘違いし、あまりにもな内輪ネタを作らないようにしましょう。

 

 

自己編集

おもしろ記事に限らず、記事のクオリティアップとしてライターがやっておく最低限の自己編集をまとめています。

これを守るだけで、記事がグッと読みやすくなるはず…!

 

 

まとめ

「結構あるんじゃないか」と思ったら5つしかありませんでした。数は少ないですが、むしろ守ることが少なくて試しやすくなるんじゃないですかね…? どうですかね…? そうやってダメな自分もポジティブに受け止められる人が本当に幸せな人なんじゃないですかね? 知らんけど。

 

 

合わせて読みたい

大ベンチャー展におります

f:id:ryo_kato:20160205114240j:plain

めちゃんこかわいいマスキングテープのイベントと同じ「 3331 Arts Chiyoda:アーツ千代田」で開催されている「大ベンチャー展」。

 

オフィス仲介をしている三幸エステートさんからの依頼で「ベンチャー企業に刺さる企画をやってほしい」ということで、ぼくが適当に出したアイデアで通って、展示会とセミナーをやるまでにデカい内容になってしまいました。マジかよ。

 

家入一真のミイラ

 ペパボ創設者で実業家である家入一真さんのミイラを展示しており、家入さんがセミナー登壇した日には、自分のミイラと対面してなんか哀愁漂う感じになっていました。

 

ホリエザウルス

ホリエモンこと堀江貴文さんの「ホリエザウルス」も展示。結構デカくて迫力があるので、ぜひ実物を見に来てください 。

 

f:id:ryo_kato:20160205115544j:plain

搬入時には、顔にビニールがぐるぐる巻きにされて拉致された感じがありました。

 

 

ヨッピーの首狩り顔ハメパネル

あと、ぼくがヨッピーさんの首を狩ったような顔ハメパネルがあるので、こちらで記念撮影もどうぞ。

ひとりでお越しでも、スタッフに声をかけてもらえれば写真を撮りますよ!

 

スクラップ原人

少しだけ悲しそうな顔をしたスクラップ原人。こちらも哀愁がありますね…。

 

最古のいいね! 

f:id:ryo_kato:20160205114713j:plain

最古のいいね!もあるので、ぜひこれをFacebookにあげて「いいね!」を稼いでください。

 

f:id:ryo_kato:20160205114708j:plain

ほかにも、ネットに上げていない展示がいくつもあるので、お近くにお越しの際は立ち寄ってみてください。

 

同時にやってるマスキングテープのイベントがすごい

f:id:ryo_kato:20160205115555j:plain

あと、単純にマスキングテープのイベントもとってもいいので、それのついででもいいですから…。

サンリオのかわいいマスキングテープとか、マスキングテープの量り売り、ガチャガチャとかあって楽しいですよ。

 

f:id:ryo_kato:20160205115551j:plain

この壁の模様、全部マスキングテープってすごくないですか…?

 

f:id:ryo_kato:20160205115548j:plain

こういう、さらにアーティスティックな部屋もあります。

 

ぜひぜひマスキングープ…ではなく大ベンチャー展にお越しください!!

今週の土日もやってますよ~!!

 

合わせて読みたい

▼こちらもイベントのレポートです。びっくりするくらいウケましたね…!

 

コメダ珈琲店の「キャラノワール」はシロノワールの到達点ではないか?

f:id:ryo_kato:20160125031725j:plain

愛知県を中心に全国展開する喫茶店チェーン「コメダ珈琲」。そのコメダ珈琲の看板メニューといえばシロノワールです。

そんなコメダで期間限定の新メニュー『キャラノワール』が出ているということで、名古屋出身の自分としては食べなくてはいけないわけですよ。

シロノワールにキャラメルソースをかけたものですが、通常のシロノワールより…うまい…!

ふんわりデニッシュパンの間に染みさせた、ほろ苦いキャラメルソースもキャラメルに合う…! キャラメルソースとともにかかっているナッツの香ばしさも、キャラメルの味わいを増幅させる…! 大きさもミニシロノワールと同じで食べやすい…! ぼくが食べられないチェリーも乗ってない…! ああ、このメニューが2月末までの限定発売なんて…! ずっと食べていたいのに…! 前回のチョコソースがかかった「チョコノワール」より格段にウマいぞ…! あぁ、これはシロノワールの到達点なのでは…! 甘めのコーヒーとびっくりするくらい合うぞ…! このシロップとキャラメルとソフトクリームが染み込んだパンで寝たい…! このパンで寝ながらdアニメストア観て一日過ごしたい…!

…と思い、キャラノワール食べながらアニメ「シドニアの騎士」を観ていたら吐き気がしてきました。アニメは気持ち悪くないものを観ながら食べた方が"吉"なので、お気を付けください。たまこまーけっととか観ましょう。

 

 

合わせて読みたい

▼最近感動したグルメは、うどんです。カトキチの冷凍うどんがとんでもなく進化してますよ…!