Webクソ

歯に挟まる糞が歯クソ、Webに挟まる糞がWebクソです。

ジジイにめちゃめちゃ睨まれた話

日本の長寿村・短命村―緑黄野菜・海藻・大豆の食習慣が決める

小学生のころ、遊んでいた友だちが、よく家にいるおじいちゃんのことを話していた。

いろいろ優しくしてくれて、おもちゃもたくさん買ってくれて、犬や猫の世話をするのが大好きなおじいちゃんと聞いていたので"とってもいいおじんちゃんなんだろうなぁ"と思っていた。

それから、たまたまその友だちの家に行くことになり、よく聞いていたおじいちゃんにお菓子でも買ってもらえるんじゃないかと思いながら「こんにちわ!」と元気よく挨拶すると、そこには「あ!?」と言って、こっちをめちゃめちゃ睨んでくる老人がいたんです。

あんれ~? この老人は前から言っていたおじいちゃんじゃないよね? あ、母方? ははぁ~んさては話していたのは父方のおじいちゃんで、この米兵でも見るかのような鋭い眼光のジジイは母方のジジイなんじゃないか?

とかなんとか思っていたら、案の定そのジジイが例のおじいちゃんでした

孫や動物は大好きだけど、"他人のガキ"を異常に嫌悪している老人だったようで、そういう複雑な性格の人もいて、「こういう性格の人だから、きっとこういうのも好きだろう」と勝手に思い込むのは間違ってるんだと、幼心に学んだのです。

最近、子どもの意見をちゃんと聞いてあげたり、尊重したりする親や教育者が増えているから、こういう"理不尽な大人"というのもいないと、大人になっていろいろ出会う理不尽な人を理解できなくてめちゃめちゃ苦しむと思うので、ぼくはあの日、孫や動物は大好きだけど、"他人のガキ"を異常に嫌悪している老人に出会えて良かったんだと思います。

ありがとう、ジジイ。