Webクソ

歯に挟まる糞が歯クソ、Webに挟まる糞がWebクソです。

肉欲企画。よさようなら

 

どうも、ミートライクボーイこと加藤です。

とてもお世話になった、というか学生ブログ文化の濃いところを味あわせてもらったブログが終わるということで「おご?」とエルフをレイプするオークのような唸り声がぼくの口から放たれたのです。

あのブログが、あのブログの肉欲棒太郎という人が、ぼくの人生の方向性を変えるのに大きく関与していたのは、どうしようもない事実だったのでございます。

ぼくは元々スーパーで肉屋をしていたんですが、ひょんなことから検査入院を繰り返すことになってしまい「オレっち、これからどうなっちゃうの~!?」という気持ちで(まさか肉屋が豚肉アレルギーになるなんて思っていなかったし、それで腸が荒れるなんて医者にも思われなかったので)長期療養期間中に、読んでいた肉欲企画。のオフ会というものに初めて参加してみたのです。

インターネットの人と話したりお酒を飲んだりちんぽを見せ合ったりすることがこんなにも楽しいのか…と肉屋で人生を終えようとしていた人より少しだけ肉が好きな青年は感動しました。

オフ会に参加することでヨッピーさんと出会えました。東京へ遊びに行く度に東京の楽しさを教えてもらい、おいしいものを食べさせてもらい、家に泊めてもらっていました。そしてその後、肉欲企画。のオフ会は100人規模に発展して、そこでシモダさんと知り合えて、大しておもしろくもない当時のぼくを東京に住んでる若者だと勘違いして(名古屋に住んでいたのに呼べばすぐ東京に来るから)オモコロへ入れていただき、今こうしてインターネットで飯を食らっているのです。

そういうきっかけがなくても、インターネットですから、何かでつながって結果同じだったのかもしれません。でも、とても楽しい、20代前半の青春めいたものが、たとえ酒とゲロの臭いだらけだったとしても心に残せてよかったなぁと思っています。鹿児島の風を切る感触を、ぼくのちんぽは今でも鮮明に覚えているのですから。

これで肉欲企画。というブログは終わり、晴れて肉欲棒太郎という悪魔を祓った望月氏は東京を去って家業を継ぐのであった、終劇、でもいいかもしませんが、別にインターネットなんですから好きな時に好きな文章でも表現でもしてくれたらうれしいなと思っています。

ブログなんてたかが日記です。日記がきれいに終わるなんて、死ぬときくらいでしょう。

 

…と思ったら 更新するのかよ! いいんだけど! 結果いいんだけどさ!

 

この文章を書いたり消したり書いたり消したりしていたら、Y平さんも思うところがあるようでブログを書いていました。

Y平さんとは肉欲企画。のオフ会で知り合って、同じく名古屋に住んでいるということでオーシャンまなぶのたくすくんとともによく遊んでいた仲なんですが、そんな彼もなんでかかんでか今はオモコロにいるので不思議なものですね…。