読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webクソ

歯に挟まる糞が歯クソ、Webに挟まる糞がWebクソです。

ライターで稼ぐには、3つの条件の内2つができていれば問題ない

f:id:ryo_kato:20151113171925j:plain

どうも、介護モノのAVばかり観ている加藤です。ほぼ同じジジイが、毎回介護士や息子の妻にセクハラするので「このジジイ、また手を出すぞ~!!」と野次を飛ばしたり、「このジジイ元気だな~」と感心したりするのが最高に楽しいのです。

さて今回は、そんなジジイのセックスとは一切関係ない「ライターとして仕事がデキる」を測る3つの柱についてです。編集者目線ですが、その内2つができていれば残り1つはできなくてもまぁ大丈夫なんじゃないかなぁというお話。ジジイのセックスでいうと、「女性介護士か、息子の妻が下の世話をしてくれる」「チンコは立つ」「情に訴える」みたいなモノです。

「これができないとライターとしてダメ!」というわけでなく、編集者としてこういう条件をクリアしている人とはお仕事しやすいな~という感じで受けとっていただければ。

 

 

1.ネタの安心感がある

これが一番大きな柱なんですが、ネタの安心感があるライターさんは重宝されます。

ネタ自体がおもしろかったり、それを形にしてくれる実績があったりと、ネタに対する安心感がある人とは一緒に仕事をしたくなるもの。ネタ出しの時点ではどういう記事になるのかが不明瞭だとしても、キチンと結果を残せている人であれば、それも安心に繋がります。

ジジイのセックスも、死にそうでないなら安心して見れますしね!

 

 

2.締め切りを守る

締切が守れる…というのは初歩的なことですが、結構難しいことだったりします。取材先や撮影スタッフなどのスケジュールが合わなかったりしても、キチンと期日に記事を納品できる人は継続して仕事を続けたくなりますよね…。

編集者として、「締め切りまでに記事を用意できているか」というのは、「読者に記事を読んでもらう」という観点でいうと最初の達成点なので、これが守れているだけで編集者はとにかく安心できるのです。

ジジイがいつまで経ってもイかないと、やはり観ている側としては困ってしまいますからね。

 

 

3.報告・連絡・相談ができる

またまた初歩的なホウレンソウ。これまでの2つは「ライターが独自の能力で記事を書くために必要な能力」ですが、こちらはチームプレイとして編集者と密に記事を作っていくための能力です。

編集者としては、これができているライターさんと「一緒にいい記事を作っていこう!」という意欲が湧いてくるわけですね。

ジジイも、視聴者とともに「いいセックスをしよう!」と思えるジジイが最高なのです。

 

 

この3つの内、2つができていれば補える

と…これまではとにかく普通のことを言ってきたわけですが、ライターさんがこれら3つをすべてできている必要はないんです。なぜなら、それを補うのも編集者の仕事ですから!

たとえば、「ネタの安心感がある」が足りなくて、「締め切りを守る」と「報告・連絡・相談ができる」がキチンとできている人なら、密に連絡を取りながら編集者とともにそのライターさんにあったネタを作り上げていくことができます。これで締め切り意識がない場合は、ダラダラズルズルとネタだしだけで時が過ぎていきますし、ホウレンソウができていないと期日に微妙な記事が上がってきてしまうワケです。

また「締め切りを守る」が不足していて「ネタの安心感がある」と「報告・連絡・相談ができる」ができていると、締め切りさえ編集者が切ってしまえばいいか、締め切りなしでより質のいい記事をライターさんと作り上げていく方向で制作していくことができます。

最後のパターンとして「報告・連絡・相談ができる」があんまりで「ネタの安心感がある」と「締め切りを守る」は完璧! なんて場合は、編集者が何もしないでもいい記事を勝手に上げてくれる! という、編集者としては仕事のし甲斐がなくても、ほかのライターさんに時間が注げる…大変ありがたい存在になってくれます。

 

 

まとめ

編集者が抱えるライターさんは1人ではないので、「時間をかけるライターさん」「安定して記事を上げてくれるライターさん」「放置していても活躍してくれるライターさん」をうまく組み合わせて、自分の編集作業をふり割っていくのがベストな気がしています(そういう意味で、ベテランさんも新人さんも両方担当したほうがいいですね)。

もちろん、これらの条件は編集者にも当てはまっているので、編集者はいいネタを出して、キチンと締め切りを守って、都度ホウレンソウができるようにならなければなりません…。ライターさんを育てるというのも編集者の仕事ですしね…。ぼくも優秀な編集者に、そしてジジイのAV男優になれるように精進します!!

 

 

合わせて読みたい